【中学英語勉強法】あなたも偏差値60取れることの証明

 

中学生諸君、今現在学校の定期テストで英語で全く点数が取れていない。
模擬テストが全く理解できない。

自分は馬鹿なんじゃないかな?

 

とか思っていませんか?

 

これからもちおアカデミーで英語が苦手という人向けの英語の勉強法を解説していきますが…

 

勉強しても無駄だと思っているならそれは間違えです。
前回解説しましたが、もちおさんも全く勉強できませんでしたから安心してください。
学校の勉強というのはただやれば出来るんです。

 

勉強法の記事をまとめていっています
偏差値40の中学生に送る英語学習法

【中学英語勉強法】あなたも偏差値60取れることの証明

馬鹿だから出来ないというのは逃げです。
馬鹿だから出来ないのではなく、やらないから出来ないだけです。

 

マラソン大会では苦しくても負けたくなくて走れるなら、勉強だって負けるんじゃね〜!

特に英単語覚えるなんてマラソンと一緒で根気さえあれば誰だって出来る。
英単語が覚えられれば英語の攻略は難しくない。

 

それを覚えておいてください。

 

英単語チェック

 

下記の10個の英単語分かるのもあれば、分からないのもあると思いますが…
1つの単語声に出しながらノート一列書いていってください。

book 本
desk 机
kitchen 台所
capital 首都
culture 文化
finish 終える
enemy 敵
custom 習慣
wrong 間違えた
recently 最近

 

動画のような感じで書いていきましょう。

中学生向け英単語の覚え方

書いたら、日本語の方を隠して一つ一つ意味が分かるか見て行ってください。
結構できてるでしょ?

bookは本
capitalは首都

 

書き終わってすぐなら6個〜10個分かると思います。

 

これが出来たなら、高校受験ならこれを2000語覚えれば良いだけです。

 

大学受験なら5000語覚えれば良いだけ。

 

覚えればいいだけなので簡単です。

天才でもない限り覚えたことは忘れていく

試しに今すぐ10個書いて行って何問分かるか8/10みたいな感じで書いておいて、30分後にもう一度何問分かるか試してみてください。
半分くらい忘れてます。

脳は忘れるように出来てるんです。

 

それでは忘れないためにどうしたら良いかというと、毎日毎日しつこく書いて覚える。

 

そうすると脳が「これまた書いてるぞ…ここまでしつこく書く言うことは大切なことなんちゃうか?」みたいになってある程度時間がたっても覚えていられるようになります。

 

偏差値60を目指すなら受験当日までこれをやります。

 

偏差値60を目指すと書いてますが、こうやって覚えていくだけで偏差値70も目指せますよ。

 

動画で出したように声に出して書いていってcapitalは首都っていうのが分かる人は全員出来るようになります。

 

長文読解などはやらずにまずはひたすら単語を覚えてください。
単語が終わったら単語を反復しつつ熟語

高校生以上は単語と熟語以外に構文がはいってきます。
まぁ覚えるだけなので、大変ではありますが楽です。

 

ということで馬鹿ではないと分かったところで頑張っていきましょう